コンセプト

明治元年に宮大工として始まって以来、
木ともの作りに携わり時代と内容は変わっても
受け継いで来た「妥協しないもの作り」の精神に変わりはありません。
私共の店はとても小さく、多くの職人がいるわけでもありませんので
出来ることやこなせる数には限界があります。
しかし、小さい店だからこそ出来ることや、
作る本人が最初から最後までお付き合いさせて頂くこと、
それによって生まれる何かや、
感じて頂ける何かが必ずあると考えています。
また、自然からの恵みである木材は人と同じように、
それぞれ見た目、重さや匂いなどに違いがあります。
中には樹齢千年を越えて生きてきたものもあります。
そのような木材を国産だけにこだわらず、世界中のものを使用し、
それぞれの違いや木の面白さ、奥深さを
一人でも多くの方に知って頂くことが出来るならと思います。
ものを言わない木の代弁をし、
美しい木材に手を加え、なお美しくして送り出し、
それを手に取り、目で見て肌で感じて楽しんで頂ける方々に
喜んで頂くことが私共の使命であると共に、
命を頂いた木への感謝と敬意です。

最初に書かせて頂きましたふたつの「つとめ」、
これが私共の信念です。
時代の荒波に揉まれながら、
これまでも、これからも、信念を貫き一歩前へ。

朝倉彫刻店 朝倉準一
朝倉津太郎   弘化4年 4月10日生(弘化1844年〜 明治1869〜)
愛媛縣寒川郡富田東村(現、香川県さぬき市大川町富田東)に生まれ、
明治元年25歳で宮大工として独立。
 
高助   明治8年3月16日生
父津太郎の後継で宮大工。
 
辰雄   明治38年4月29日生
父高助と共に宮大工をするが途中で公務員へ。
 
善雄   明治45年2月20日生
おじ高助の元で宮大工をしていたが
欄間職人へと道を変え、修業に出る。
25歳で欄間店独立。
 
理   昭和14年2月9日生
父善雄の後継で欄間職人。
19歳の時、金子知事の命の元、香川県欄間商業組合を作る。
昭和63年11月8日、 香川県伝統的工芸品に欄間彫刻指定を受ける。
指定の3ヶ月後、2月9日に父善雄亡くなる。
平成6年12月5日 54歳の時、欄間彫刻香川県伝統工芸士認定。
平成26年5月8日 憲法記念日知事表彰「伝統産業技芸功労」を受ける。
 
準一   昭和55年2月26日生
父理の後継で欄間職人+出来る範囲のオールラウンド。
平成23年度 全国伝統的工芸品公募展 入選。
 
欄間、社寺彫刻、店舗看板彫刻 、仏像、オリジナル商品製作、
その他木工品、比較的小さい物の機械加工。
※当方で彫れるもの、製作、加工出来るものは対応させて頂きます。
個人様、企業様を問わず、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

朝倉彫刻店 朝倉準一